縫い方のポイント|どん縫い進んで…

まずは、別布の、ヨーク部分、袖のボーダー、裾のボーダーを縫います。

別布部分は、2重に重ねて、纏るので、縫い代は5ミリ幅にカットして、
片倒しにアイロンかけておくだけでOK。

片倒しにアイロンをかけたところ

次に、前身頃、袖、後ろ身頃をはぎます。

身頃を剥いだところ

そして、縫い代の始末。2枚一緒にロックをかけて、片倒しにします。
次に、脇を縫います。ここも2枚一緒にロックをかけて、片倒しです。

ヨーク部分は、一旦ほどいて接着芯を前面に貼り、もう一度きりじつけし直しです。
接着芯を張り付けた時に、熱で縮んで、初めとサイズが変わっているのです。

ヨークを縫います。

縫いあがったチュニックのヨーク

前中央のスリットの開きどまりまでと、前後を接いでおきます。
見返し部分も同じように接ぎ合わせておきます。

そして、別布部分と本体を、丁寧に接ぎ合わせてゆきます。
ヨークと身頃のを接ぎ合わせた曲線は、目立つので、
生地をゆっくりと送りながら慎重にミシンかけします。

ヨークと身頃を継ぎ合わせる

角になるところは、角のポイントで止めて、縫い代を整えてから、また縫い始めます。

次に、ヨークの下の水平線の部分は身頃の凹んだ部分に切り込みを入れますが、
ほつれないように、
前もって左右の角の部分に 直径1センチくらいに丸く切った接着芯を貼っておきます。

ヨークと身頃をミシンがけしているところ

そして、最後に、縦の縫い目と縫い目の角から角を、丁寧に縫います。
短い距離ですが、ヨークの角がきれいに表に見えるように、角から角で止めます。

縫い目の角を丁寧に縫うと綺麗

そして、見頃と袖に、ボーダーを接ぎ合わせ、表は、完成です。

<<前の記事へ       > >次の記事へ