本縫い開始

ここで、見返しと、ヨークに貼り付ける接着芯を決めます。

2重になる部分なので、薄くて、軽いものがよさそうです。

前のボタンホール用のループを作って準備しておきます。

リバティのタナローンは、糸が細いので、できるだけ細いループを作ろうと思います。

12mm×5センチメートル位のバイヤスの短冊を、付けるボタンの個数だけ準備します。

半分に折って、布の折り目と平行にまっすぐ縫います。

今回は、3mmが、目標です。

チュニックの前のボタンを縫い付ける短冊を作る

慎重にまっすぐ縫いました。

裏返して、アイロンで成型しておきます。

いよいよ本縫い開始です。

手順は、仮縫いと同じ、で慎重に縫い進めていきます。

ミシン、ロックミシン、アイロンを要領よく組み合わせると、スムーズに作業が進みます。

アイロンを当てながら縫うと仕上がりが綺麗

縫ったところから、しつけをとり、ロックミシンで縫い代の始末、そしてアイロンかけ。

本縫をしているところ

こうしてどんどん縫い上げていきます。

<<前の記事へ       > >次の記事へ