型紙を作る

世界で一点物のリバティチュニックを作ります。

初めに、柄の選定です。リバティのタナローンでお気に入りの花柄をベースに考えます。

そして、ポイント使いにもう一色。

どれにしようかな?

>> この記事の続きはこちら

印付け~仮縫い

カッティングをしていきます。

柄やデザインによっては、面倒な時もあります。

今回は柄あわせも考えなくて良さそうなので比較的スムーズに運びますね。

>> この記事の続きはこちら

本縫い開始

ここで、見返しと、ヨークに貼り付ける接着芯を決めます。

2重になる部分なので、薄くて、軽いものがよさそうです。

前のボタンホール用のループを作って準備しておきます。

>> この記事の続きはこちら

縫い方のポイント

まずは、別布の、ヨーク部分、袖のボーダー、裾のボーダーを縫います。

別布部分は、2重に重ねて、纏るので、縫い代は5ミリ幅にカットして、
片倒しにアイロンかけておくだけでOK。

>> この記事の続きはこちら